パソコン教室での飲食ルール

パソコン教室での飲食は認められていません。
お昼休みなど授業時間以外であっても飲食はできません。
※違反者には、学生証の提示やアカウント停止等の処置をとります。

パソコン教室での自習利用の時間に限り、ペットボトルの持ち込みを可とします。
お互いに気持ちよく使えるよう、下記注意事項を良く読み守って下さい。

  • 持込可のものはペットボトルの飲料のみ、紙パック・コップなどの飲み物、食べ物は厳禁!
  • ペットボトルの持ち込みは自習時間中に限ります。授業中は原則禁止(各教員の指示に従う事)。
  • ペットボトルを飲まないときは、必ず蓋を閉めてこぼさないようにして下さい。
  • パソコン教室、自習室以外の施設では適用されません。その施設のルールに従って下さい。例えば、図書館での飲食は書籍を守るため厳禁となっています。

節約印刷のコツ(両面印刷)

通常の印刷は一枚に片面1ページずつ印刷されます。裏面は白いままで非常にもったいないです。未使用の裏面にも印刷してしまおう、というのが両面印刷です。

両面印刷すると2ページが1枚の用紙に収まります。印刷ポイントは「1枚につき1ポイント(カラーなら4ポイント)」消費しますので、2ページ印刷しても1ポイントしか消費せずに済みます

① 両面印刷の指示は、印刷する前にしなくてはなりません。印刷ダイアログで、プリンタのプロパティを表示します。

② 印刷するプリンタを確認して [プリンタのプロパティ] ボタン をクリックします。

※ ここではWordで印刷する場合を例にとっています。

Webブラウザの場合プロパティボタンが詳細設定ボタンになっています。

image

A→B→Cの順番にクリックしてください。

A.「編集」タブをクリックすると、両面印刷を設定できる表示に切り替わります。

B.「□両面/製本」をチェックすると、いくつかある両面印刷を指定することができます。たくさんありますが、ここでは一番左側の標準的な両面印刷を選びましょう。

C.チェックできたらOKをクリックして元の画面に戻ってください。

image

④元の画面にもどったら最後に印刷ボタンをクリックしてください。両面印刷が始まります。

以上で完了です。

 

USBメモリの事故から文書を守るには

USBメモリに保存した文書(プレゼンテーションやレポート、卒論等)が破損してしまう事故が増えています。 大事な文書を壊してしまわないように次の点に注意して下さい。

  • 文書をUSBメモリ上で直接開かず、一度マイドキュメント等にコピーしてから編集する。
  • USBメモリを抜く際はかならずデバイスの停止をし、ひと呼吸置いてから取り外す。
  • 大事な文書は複数箇所に保存する。

また、毎年卒論の入ったUSBメモリの紛失なども起こっています。文書はUSBメモリだけではなく、学校のパソコンや自宅のパソコンにも保存しておきましょう。